オフィスデスク・レイアウト変更のメリット

オフィスデスクを変更するには、それなりのメリットがあります。
ひとつはコミュニケーションを活発にさせること。
これはフリーアドレス式の配置を取り入れたりして、会議をやらずとも社内の人間関係を密接にして情報共有、共同作業をしやすくします。その分、時間がかかる会議も少なくすることが出来るので人件費のコスト削減も期待できます。
つぎに作業効率。
個々でやらなければならない仕事、共同でやらなければならない仕事。そう言った事情に合わせてオフィスデスクを取り入れる事で仕事がしやすい環境を作り上げることが出来ます。また、機器を効率よく使えるようにしたりケーブルを見えないようにする、ネットワークを構築するといったことでスペースの有効活用も出来るのでその分人が動きやすくなります。
それからセキュリティの強化。
入退室管理から文書の管理、来客から従業員と机を見えないようにパネルで区切るといったことで外部への情報漏洩を防止することが出来ます。
セキュリティがしっかりした起業というのはそれだけ企業イメージ、社員の意識も良くなり、顧客からの信頼も増し、それが営業利益へとつながるのです。
人間の得る情報の約半分は視覚によるものだそうです。
オフィスデスクを変更するのはただの配置換え、模様替えを超えた効果が期待できるので事業が伸び悩んでいる会社は試してみるといいでしょう。

オフィスデスクのポイント

オフィスデスクをいかにうまく出来るかは、デスクレイアウトの配置が大きく影響します。
日本企業の代表的なオフィスデスクというとデスクを向かい合わせにして島をつくる対向式レイアウトや背面式レイアウト、同向式レイアウトがあります。
対向式レイアウトは同じ仕事をする仲間と一緒のスペースで仕事が出来コミュニケーションが取りやすいです。ただし、仕事の進捗状況や電話などプライバシーという点では難があり個々の作業に集中したいと言うときには向いていません。
背面式はその点背中合わせに並べる形になるので仲間の仕事はどうなっているのか通常の状態ではわかりません。そのために個々の作業に集中することが出来ます。部屋が分かれているわけではないですから、仲間と話がしたいときには横や後ろに少し移動するだけで済みます。また通路がひとつで済むのでスペースの有効活用にもなります。
似たような物で卍型レイアウトというものがあり、机を卍のように組み合わせることでそれぞれの視線が合わないようになっています。これも部屋が分かれているわけではないので話をしようと思えば簡単です。
同公式レイアウトは学校の教室のように同じ方法を向くオフィスデスクです。
教師のように管理職から部屋全体の仕事をチェックすることが出来、従業員も比較的集中がしやすいやり方です。ただし、デスクを何列も並べていくので通路も多くなり、それだけ空間が必要なので大きな部屋が必要です。
これらとは全く異質なのがフリーアドレス式レイアウトです。
これは、食堂のように様々な形にデスクを配置しておきます。ただし、それぞれのデスクに持ち主はおらず、好きな場所に座ることが可能です。荷物はロッカーなどに預けておくことで自由な仕事が可能となります。部署間を超えた仕事や集中したいときに周囲に誰もいないデスクに座るというようにそのシチュエーションで座る席を選べます。

オフィスデスクのデザイン性について

従業員が仕事をしやすいオフィスというのは心地よい空間です。
それはやる気を出して仕事の効率をあげるだけでなく、全体的な雰囲気もあがり企業価値の向上につながります。
たとえば、温もりのあるオフィスにと言うことであれば出来るだけオフィスデスクには木製のオフィス家具を用います。
またそのオフィス家具の配置もできるだけ開放感を持たせられるように空間を持たせて配置しておきます。
ここで注意しなければならないのは機能性とのバランスです。
リラックスをするからとやたらに観葉植物を置くと従業員の動線を邪魔することもあります。
それではいくらやる気が出ても仕事自体に支障が出てしまうのでオフィスデスクを変更するメリットはありません。
オフィスデスク機能性とデザイン性を上手くバランス良く取ることが必要です。
例えば、椅子で人間工学を利用してできた椅子を使うことで長時間座ってても疲れにくくオフィス家具のデザインとしてもモダンでオシャレな感じを演出できます。
また、来客対応を考えて、従業員の作業スペースや収納を奥に配置しておき、受付や応接室にシンプルで清潔感のあるデザイン家具を配置させておくことで、来客から見た視線をすっきりとさせるだけでなく従業員の動線とも交わることはなくなるので来客で他の従業員の仕事に支障を来すことはなくなります。